さん出演ドラマ『破獄(はごく)』の作品データまとめです。

破獄(はごく) あらすじ&ネタバレ ビートたけし&山田孝之 主演

テレビ東京・テレビ東京開局記念日ドラマ特別企画で2017年04月12日に放送されます


『破獄(はごく)』について

テレビ東京開局記念日、さん3年ぶり主演ドラマです。

、橋爪功等のキャストで送る壮絶な人間模様を描く。 完全無欠の看守と史上最悪の脱獄犯の闘いの結末はどうなるのか?

作品データ

タイトル テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画
破獄(はごく)
放送時間 (138分)

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年04月12日(水) 21:00 ~ 23:18 テレビ東京・テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画 **.*%

あらすじ

日本軍がハワイ真珠湾を攻撃した翌年の昭和17年6月深夜。秋田刑務所の独房に、天窓の枠にぶら下がる佐久間清太郎()の姿があった。

そのまま猛烈な懸垂力でガラス窓を押し開き脱獄してしまう。その犯行は東京・小菅刑務所の看守部長・浦田進()の耳にも入る。

前年まで小菅にいた無期懲役囚で、浦田が担当していた。青森でも破獄逃走をした危険人物だが、情に厚い浦田には従順だった。ところが脱獄から3か月後、佐久間が浦田の家に現れる。

人間扱いしない秋田の看守を訴えてもらうため、浦田に会いに来たという。しかし隙をついて浦田が通報したことで再び刑務所に収監されることになる。

日本が戦争で苦戦に陥ったことを思い知った昭和18年。佐久間は網走刑務所へ送られる。さらに浦田も網走刑務所の看守長として転任が命じられる。網走に赴く前、浦田は娘の美代子()が働く図書館を訪れ、網走への転任を告げるが、二人の間にはどこか微妙な空気が流れていた。

1カ月後、網走に着いた浦田は、看守部長・泉五郎()の案内で、視察窓を覗く。すると両手に錠をかけられた佐久間が、素手でむさぼるように食事をしていた。

所長・貫井千吉()は「絶対逃してはならない」と意気込むが、浦田は「生半可では勝てない」と、専任の野本金之助(中村蒼)藤原吉太()を呼び出す。

ちょうど佐久間が油断している時間だという。案の定、佐久間の手錠がはずれているのを発見。佐久間は暴れるが、浦田に気づくと表情を変え素直に指示に従い出す。さらに浦田は佐久間が隠していた小道具を見つけ出し、網走での最初の脱獄は失敗に終わる。

青森で生まれた佐久間の初犯は昭和8年。雑貨屋商で盗みを働き、共犯者を助けるため家主らを◎害。無期懲役の判決を受けた。

経歴を振り返った浦田は、青森に住む佐久間の妻・()に会いに行く。「面会に来るか手紙を書いて欲しい」と懇願するが拒否されてしまう。

かつて光は、父の借金で遊郭に売られ、その生活から抜け出せずにいた。そんな最中に出会ったのが、蟹工船の下働きをしていた佐久間だった。しかも「自由なされ」と会社から前借した大金を差し出され“この人は神様だ”と思ったという。だがそれが原因で佐久間もまた借金地獄に。佐久間のそばにいたい光は「早く戻ってきてほしい」と泣き叫ぶ。

光の言葉は、浦田に関東大震災の記憶を蘇らせた。ある理由ですぐに家に戻れなかった浦田が病院に駆け付けた時には、妻と息子は帰らぬ人に。幼い美代子も重傷を負っていた。「帰ってきて欲しかった!」…娘の言葉が胸に突き刺さる。

一方、網走では長びく戦争の影響で軍用道路が作られることに。受刑者が作業に駆り出されたため多くの看守が付き添い、残された看守の業務が重くなっていた。

疲労困憊の野本は、佐久間の相変わらぬ態度に追い込まれ、浦田に思わず弱音を吐く。「負けるな野本。冬になればあいつは折れる」…浦田が言う通り、脱獄することなく冬を終えるが、その後迎える夏に、大きな異変が起きようとしていた。

注目と見どころ

・完全無欠の看守と史上最悪の脱獄犯の闘いの結末は?

スポンサードリンク

登場人物

登場人物 キャスト
浦田進
刑務所看守
佐久間清太郎
無期懲役囚、蟹工船の雑役夫などをしていたが土蔵破りの際、追跡してきた男を刺し◎し逮捕。
浦田美代子
浦田の娘
佐久間光
佐久間の妻
貫井千吉
網走刑務所所長
仁科久
札幌刑務所所長
大田坂洋
小菅刑務所所長
泉五郎
看守部長
田島公平
日系人通訳
藤原吉太
専任看守
野本金之助
看守
中村蒼
ナレーション

スタッフ

原作 吉村昭 「破獄(新潮文庫刊)
脚本 池端俊策
監督 深川栄洋
プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京),川村庄子(テレビ東京),浅野敦也(ドリマックス・テレビジョン),橘康仁(ドリマックス・テレビジョン)
協力 オフィス北野
制作協力 ドリマックス・テレビジョン
放送局 テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送


書籍紹介

破獄(新潮文庫)
破獄(新潮文庫)

スポンサードリンク