ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第8話の作品データまとめです。
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第8話あらすじ&ネタバレ 眞島秀和ゲスト出演


第8話について

公安がマークする新興宗教団体がテロを画策!?
教団に潜入するスパイの情報を元にテロの標的を警護するが、予想外の事態に!林の妻と田丸の運命も大きく動き出してー!?

あらすじ

公安の協力者として新興宗教団体・神の光教団に潜入している林智史から、妻の千種を介して「重大な情報を手に入れた」と、田丸は連絡を受けた。

数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテ〇の情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ちかけられ、動揺する。任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからだ。

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求。田丸から話を聞いた青沼はその条件を承諾するが、一方で、田丸と千種の関係を不安視していた。

林の情報によると、テ〇の決行は2日後で、標的は文部科学大臣。青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛治は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決める。

テ〇決行当日、稲見はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かる。

その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、神の光教団の元信者がカバンを手に身を潜めていた。そして大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近する。

カバンの中から何かを取り出そうとするが、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪拘束される。

大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気づき、ぼうぜんとその場に立ち尽くしてしまう。

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
林智史 公安の協力者、新興宗教団体・神の光教団に潜入している
林千種 林智史の妻、田丸と関係が!?

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年5月30日(火) 21:00 ~ 21:54 フジテレビ ****

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
稲見朗(いなみ あきら)
元・自衛隊隊員の捜査官。ある特殊任務で心に深い傷を負い、除隊し現在に至る。
田丸三郎(たまる さぶろう)
稲見と同じ特捜班に所属するまじめでストイックな男。ある事件をきっかけにかつていた公安部外事課から異動を命じられ、特殊班に引き抜かれた過去を持つ。
吉永三成(よしなが みつなり)
元・警視庁捜査一課の刑事で、取り調べの名手。
樫井勇輔(かしい ゆうすけ)
元・爆発物処理班の特捜班メンバー。抜群の嗅覚を持ち、匂いが色分けされて見える「共感覚」の持ち主。
大山玲(おおやま れい)
凄腕の元・ハッカーでサイバー情報分析のスペシャリスト。クールながらも心に闇を抱えている。
鍛冶大輝(かじ だいき)
公安機動捜査隊特捜班の創設者。極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者。
青沼祐光(あおぬま ゆうこう)
鍛冶の忠実な部下。

スタッフ

原案・脚本 金城一紀
演出 鈴木浩介,白木啓一郎 (カンテン)
チーフプロデューサー 笠置高弘(カンテン)
プロデューサー 萩原崇(カンテン)
アソシエイトプロデューサー 坂田佳弘(カンテン)
音楽 澤野弘之,KOHTA YAMAMOTO
制作 カンテレ
製作著作 関西テレビ


書籍紹介

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)

スポンサードリンク