ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第6話の作品データまとめです。
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第6話あらすじ&ネタバレ 山口馬木也,嶋田久作ゲスト出演


第6話について

よみがえる11年前の悪夢!史上最悪の無差別テロの実行犯が再び動き出す!特捜班はテロ計画を阻止し国家を守ることができるのか!?そして犯人の正体とは?

あらすじ

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一が、都内のコンビニに突如姿を現す。

里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察。鍛治も、警視総監の乾陽一から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。

その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田の姿がある。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かう。

特捜班のオフィスでは、大山()がネット上にワナを張り、早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永から指示を受けた稲見田丸は早速現場へ急行。車でアジトを出た里見らを、待ち構えていた稲見と田丸が追跡を開始。

しかし、その動きを察知した里見らは巨大なホームセンターへと逃げ込む。追いかける稲見と田丸の前に里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかり、激しい攻防戦を繰り広げる。その隙に里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまう。

そのあまりに完璧な逃亡ぶりに違和感を覚えた稲見は、「何か知ってるんでしょ?」と田丸に問いかける。

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
里見修一 指名手配犯
乾陽一 警視総監
羽田 カルト教団の信者

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
稲見朗(いなみ あきら)
元・自衛隊隊員の捜査官。ある特殊任務で心に深い傷を負い、除隊し現在に至る。
田丸三郎(たまる さぶろう)
稲見と同じ特捜班に所属するまじめでストイックな男。ある事件をきっかけにかつていた公安部外事課から異動を命じられ、特殊班に引き抜かれた過去を持つ。
吉永三成(よしなが みつなり)
元・警視庁捜査一課の刑事で、取り調べの名手。
樫井勇輔(かしい ゆうすけ)
元・爆発物処理班の特捜班メンバー。抜群の嗅覚を持ち、匂いが色分けされて見える「共感覚」の持ち主。
大山玲(おおやま れい)
凄腕の元・ハッカーでサイバー情報分析のスペシャリスト。クールながらも心に闇を抱えている。
鍛冶大輝(かじ だいき)
公安機動捜査隊特捜班の創設者。極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者。
青沼祐光(あおぬま ゆうこう)
鍛冶の忠実な部下。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年5月16日(火) 21:00 ~ 21:54 フジテレビ ****

スタッフ

原案・脚本 金城一紀
演出 鈴木浩介,白木啓一郎 (カンテン)
チーフプロデューサー 笠置高弘(カンテン)
プロデューサー 萩原崇(カンテン)
アソシエイトプロデューサー 坂田佳弘(カンテン)
音楽 澤野弘之,KOHTA YAMAMOTO
制作 カンテレ
製作著作 関西テレビ


書籍紹介

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)

スポンサードリンク