ドラマ『警視庁機動捜査隊216Ⅶ 悪意の果て』の作品データまとめです。

警視庁機動捜査隊216Ⅶ 悪意の果て あらすじ&ネタバレ 矢田亜希子&榎木孝明ゲスト出演

TBS・月曜名作劇場で2017年6月5日に放送されました。


『警視庁機動捜査隊216・6 絶てない鎖』について

多くの事件と人々とのめぐり合いに遭遇する機捜・沢村班が見える真実とは?

殺されたネイリストの裏の顔…セレブな美人モデルの秘密と、母子を尾行する謎の男の真意とは?暴走トラックと深夜のカーチェイスで事件は意外な展開へ!緊迫の24時間!

予告動画(トレーラー)

あらすじ

警視庁第二機動捜査隊目黒分駐所に籍を置く警部補のは、相棒を務める金子洋平と朝9時からいつものように管轄の密行パトロールへと出動する。

開始早々、とある商店街で鉄パイプを振り回している男性がいると通報が入り、現場へ急行する。すでに到着していた沢村班の富田康介佐藤守と合流した。

そこで、舞子と金子は酒に酔って暴れていた男・戸部を速やかに確保する。捕まえた戸部を所轄の担当刑事に引き渡し、舞子たちは再びパトロールに戻る。

再開早々、今度は管轄内の立体駐車場で女性が倒れているとの通報が入り、舞子たちは現場へ急行する。現場の駐車場に到着すると、駐車中の車の横で後頭部を血に染めた女性が倒れており、既にこと切れていた。

一目で事件性があると判断した舞子と金子は検視官と鑑識の臨場を要請する。遺体が所持していた免許証と名刺から女性がネイリストの今井瑠璃子と判明し、舞子は金子と富田、佐藤と現場近隣の捜索を開始する。

舞子と金子が近隣の雑居ビルにある瑠璃子のネイルサロンを訪れると、瑠璃子は出勤前に被害にあったらしくサロンはまだ閉じられたままだった。そこで舞子たちは店先でサロンに予約を入れていたという女性客・和田真奈美と遭遇する。

現場に戻った舞子は、連絡を受けてやって来た瑠璃子の夫・今井幸雄に身元確認を行うと初動捜査を終え、捜査の担当をする捜査一課の刑事たちに引き継ぎ、再びパトロールへと戻る。

密行を再開すると、朝、商店街で暴れる戸部に怯えて立ち竦む通りすがりの母子を少し離れた場所から見ていた男の姿を再び目撃する。朝と同様、素行が怪しいと感じた富田が職務質問をしようと声をかけると、なんと相手の男は茨城県警の刑事・加納達也だと名乗り、自分は内偵中なので邪魔をするなと言い放ち立ち去ってしまう。

昼休憩で一旦、分駐所に戻った舞子たちは所長・矢島進から加納が3日前に茨城県内で強盗傷害を起こして逃亡している小島勉という男を追って、小島の妻・敦子と娘を張っているのだと聞かされる。

そんな矢先、パトロール中の舞子たちに、敦子の娘が通う保育園付近で小島らしき男が職質を受けて逃走したとの通報が入る。現場へ急行した舞子たちだったが、既に小島は姿を消していた。

一方、舞子は新聞記者の土居建作(から、◎された瑠璃子がネットで「るっこの日記」というブログを書いている有名なカリスマブロガーだったが、その内容は虚栄だったと聞かされる。

舞子は事件の捜査本部で管理官・坂出一馬や担当刑事たちに瑠璃子がブログの中でまったく別の生活を装っていたことを報告する。

注目と見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
和田真奈美 サロンに予約を入れていた客
加納達也 茨城県警 刑事
坂出一馬 捜査本部管理官、舞子の元上司
田村孝雄
小島敦子 小島の妻
今井幸雄 瑠璃子の夫
小島勉 強盗傷害の逃亡犯
今井瑠璃子 被害者、ネイリスト、カリスマブロガー
中村仁
戸部 酒に酔って暴れていた男

作品データ

タイトル 警視庁機動捜査隊216Ⅶ 悪意の果て
シリーズ 7
サブタイトル 悪意の果て
放送時間 (110分)

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年6月5日 20:00 ~ 21:50 TBS・ ****

スタッフ

プロデューサー 元信克則,岡本慶章
脚本 安井国穂
監督 児玉宜久
編成 辻有一
製作 ユニオン映画,TBS

「警視庁機動捜査隊216」について

TBS系・(月曜ゴールデン)で2010年から放送している刑事ドラマシリーズです。主演は沢口靖子さん。

警視庁機動捜査隊(通称:キソウ)の捜査員が、発生する事件の初動捜査に当たりつつ、事件の真相に迫るストーリー。刑事ドラマの中では、用語、服装、装備、通信などが比較的リアルさを重視したものとなっている。

「216」は、警部補(の捜査班(2人一組)に割り当てられた無線の符号である。実際の警視庁機捜隊では覆面パトカーごとの符号となる。

形式は第1機動捜査隊は「機捜1〇〇」第2機動捜査隊は「機捜2〇〇」第3機動捜査隊「機捜3〇〇」のようになっている。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト

警視庁第二機動捜査隊目黒分駐所の警部補、機捜216。
金子洋平
巡査部長、舞子の相棒、通称“ネコさん”、機捜216。
富田康介
舞子の部下、佐藤の相棒、機捜217。巡査長から 巡査部長(第6作)になる。
佐藤守
刑事、舞子の部下、富田の相棒、班の最年少、機捜217。巡査長から 巡査部長(第6作)になる。
松岡良介
第3機動捜査隊に所属の巡査部長、富田の同期。
矢島進 所長、階級は警部。
土居建作 東亜新聞 東京本社社会部の記者
旧:


スポンサードリンク