「警視庁捜査一課9係12」の第8話「9時41分の殺意」の放送データまとめです。
警視庁捜査一課9係12 第8話「9時41分の殺意」あらすじ&ネタバレ 中西良太,木村栄,遠藤久美子ゲスト出演

爆弾魔が仕掛けた究極のトリック!?

都会を走る直樹、爆弾を探す矢沢、犯人を追う志保と村瀬、そして青柳は…。

第8話「9時41分の殺意」について

予告動画

あらすじ

夜9時。東京の街を必死に走る直樹は息を切らせながら電話ボックスに駆け寄ると、ベルが鳴る公衆電話の受話器を手に取った。「約束だ…第2の…爆弾のヒントをくれ」。

電話の主は連続爆弾魔。一つ目の爆弾は直樹が男から電話で聞いたヒントをもとに矢沢が回収、9係では志保村瀬が回収した爆弾の形式などから犯人を割り出そうとしていた。

 男が直樹に伝えた第2のヒントは「日本で一番大きな犯罪集団」。犯罪集団といえば暴力団?ならば青柳の得意分野だが、その青柳は非番で妙子のライブに出かけているのか連絡がとれない。

 直樹は男が指定した次なる公衆電話ボックスへ、矢沢は第2の爆弾が仕掛けられているであろう「日本で一番大きな犯罪集団」を探し、志保と村瀬は集められた情報をもとに犯人を追う。

 そのころ青柳は見知らぬ小屋でふと目を覚ます。何者かに殴られたのか、後頭部の痛みを抑えながら懐を探るが携帯電話がない。そして、手の届かないところには、時限装置のついた爆弾らしきものがセットされていた。

 志保と村瀬は爆弾情報を知らせる公衆電話への発信元となっている携帯電話の契約者を割り出し、取り調べを始める。しかし、契約者の久世という男は、わずかな金欲しさにさっさと携帯電話を転売、わずかな望みも空振りに終わってしまった。

 志保らは、携帯電話の基地局の情報から犯人の動きをつかんだかに見えるが・・・。

大まかな見どころ

・犯人は誰?
・走り続ける直樹の体力は?
・爆発阻止へ動く矢沢は、そして青柳は!?
・放送時間と同時間で進行するドラマ、その結末は!?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
松野博
本城
妙子 ミュージシャン
久世 携帯電話の契約者

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
加納倫太郎 (かのう りんたろう)
捜査一課9係の係長、階級は警部。
警視総監から内閣テロ対策室改造のアドバイス役を命じられ、その仕事に追われることになる。
浅輪直樹 (あさわ なおき)
9係刑事、階級は巡査部長、彼女は倫太郎の娘・石川倫子。
()
小宮山志保 (こみやま しほ)
9係刑事で主任、紅一点のムードメーカー、階級は警部補。
村瀬健吾 (むらせ けんご)
9係の刑事、階級は警部補、出世欲が強いが熱い刑事魂がある。
青柳靖 (あおやぎ やすし)
9係の刑事、階級は警部補、シリーズ6,7では主任、反発精神の塊の変人。
矢沢英明 (やざわ ひであき)
9係の刑事、階級は巡査部長、変人青柳とコンビ組む。妻は売れっ子漫画家・矢沢早苗。
石川倫子 (いしかわ みちこ)
加納倫太郎の娘、浅輪直樹の恋人、職業はパティシエール。
早瀬川真澄 (はやせがわ ますみ)
関東監察医務院の監察医
園田俊介 (そのだ しゅんすけ)
倫子がパリ留学中のルームメイトだった画家。倫子と同居していたことで直樹に関係を疑われるが、本人は誤解と一笑。直樹とは親友だと思い込んでいる。
黛優之介 (まゆずみ ゆうのすけ)
真澄の大学時代の恩師で、現在は世界的に有名な法医学者。若いころは関東学生チャンピオンになったほどの空手の使い手らしい・・・
早乙女静香 (さおとめ しずか)
倫太郎の亡き前妻の従姉。現在居住する団地の自治会長。花壇で花を育てることを趣味としている。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年5月31日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 ***

スタッフ

脚本 徳永富彦
監督 細川光信
スポンサードリンク