「警視庁捜査一課9係12」の第5話「殺しの刺しゅう」の放送データまとめです。
警視庁捜査一課9係12 第5話「殺しの刺しゅう」あらすじ&ネタバレ 万里紗&根岸季衣ゲスト出演

美しい刺繍に秘められた殺意と真実。女性デザイナーが社長を殺害したのか!?母娘の悲しい過去とは?

第5話「殺しの刺しゅう」について

予告動画

あらすじ

ファッション通販サイト会社社長・影山が裁ちバサミで胸部を刺され◎害された。真澄によると、裁ちバサミは左利き用であるという。

 専務の本橋から事情を聞いた志保村瀬は、影山が女性社員と不倫騒動を起こしていたことを知る。当時付き合っていた留未という社員は別れ話を苦に自◎したらしい。

 一方、直樹は、チーフデザイナーの詩織が左利きであることを知るが、詩織によるとはさみは2日前に盗まれたという。

 さらに、自◎した留未が、かつて詩織の母・結子が経営する洋裁店に務めていたことがわかった。

と、いう事は…結子は元社員の留未を自◎に追い込んだ社長のもとで実の娘を働かせていることになる。しかし、結子は娘とは10年前から会っていないという。

 実は、かつて大手ファッションブランドの縫製をしていた結子は仕事を優先、自分の夫であり、詩織の父の死に目に間に合わなかったという。詩織はそんな母が許せなかったようだ。

 広報部長の彩音(真瀬樹里)が、詩織に言い寄る影山を目撃していた事も判明する。

青柳矢沢は、母・結子がその事実を知っていたことをつかむ。

元社員の留未を自◎に追い込み、今度は娘にも手を出そうとした影山を憎む結子の犯行か?さらに疑惑を深める証拠も見つかる。

そんな中、直樹は現場に残されたワンピースに刺繍された花に疑問を抱く。

大まかな見どころ

・犯人は誰?犯人は結子なのか?
・ワンピースに刺繍された花の謎は?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
並川詩織  ファッション通販サイト会社のチーフデザイナー、左利き
並川結子  詩織の母、洋裁店を経営
本橋裕也  ファッション通販サイト会社の専務
影山 被害者、ファッション通販サイト会社社長
留未 以前、影山社長と不倫騒動となった女性社員、別れ話を苦に自◎

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年5月10日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 ***

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
加納倫太郎 (かのう りんたろう)
捜査一課9係の係長、階級は警部。
警視総監から内閣テロ対策室改造のアドバイス役を命じられ、その仕事に追われることになる。
浅輪直樹 (あさわ なおき)
9係刑事、階級は巡査部長、彼女は倫太郎の娘・石川倫子。
()
小宮山志保 (こみやま しほ)
9係刑事で主任、紅一点のムードメーカー、階級は警部補。
村瀬健吾 (むらせ けんご)
9係の刑事、階級は警部補、出世欲が強いが熱い刑事魂がある。
青柳靖 (あおやぎ やすし)
9係の刑事、階級は警部補、シリーズ6,7では主任、反発精神の塊の変人。
矢沢英明 (やざわ ひであき)
9係の刑事、階級は巡査部長、変人青柳とコンビ組む。妻は売れっ子漫画家・矢沢早苗。
石川倫子 (いしかわ みちこ)
加納倫太郎の娘、浅輪直樹の恋人、職業はパティシエール。
早瀬川真澄 (はやせがわ ますみ)
関東監察医務院の監察医
園田俊介 (そのだ しゅんすけ)
倫子がパリ留学中のルームメイトだった画家。倫子と同居していたことで直樹に関係を疑われるが、本人は誤解と一笑。直樹とは親友だと思い込んでいる。
黛優之介 (まゆずみ ゆうのすけ)
真澄の大学時代の恩師で、現在は世界的に有名な法医学者。若いころは関東学生チャンピオンになったほどの空手の使い手らしい・・・
早乙女静香 (さおとめ しずか)
倫太郎の亡き前妻の従姉。現在居住する団地の自治会長。花壇で花を育てることを趣味としている。

スタッフ

脚本 保正和之
監督 吉田啓一郎
スポンサードリンク