「警視庁捜査一課長」の第7話の放送データまとめです。

警視庁・捜査一課長1第7話あらすじ&ネタバレ

遺産100億円の富豪殺人!!アリバイ作りにもう一人殺した女!?


第7話

あらすじ

捜査一課長・大岩純一(は、東京・田園調布で起きた強盗◎人事件の現場に駆けつけた。刺◎されたのは個人資産100億円の大手商社社長・屋敷博史(で、現場の豪邸からは総額2億円の金品が持ち去られていた。

 莫大な遺産を相続することになる若妻・和歌子(は、顧問弁護士・臼井直人(の自宅に泊まっていたとアリバイを主張する。屋敷の死体を発見した時、玄関の鍵は閉まっていた。

犯人は鍵を持っていたということになるが・・・合鍵を持っていた家政婦が今日はまだ出勤していない。

 凶器の和包丁から家政婦・西崎波留美(の指紋が検出された。行方不明の波留美を早急に探す方針で捜査会議は決まった矢先、「私、人を◎しました。逮捕してほしいんですけど…」と波留美が自首してきた。

早期解決かと思われたが…なんと彼女は屋敷の◎害を否認。同じ時刻、浅草で別の◎人を犯したと自供する。そして、彼女の供述どおり、フリーライター・多田野民夫()の遺体が浅草で発見された。

田園調布の事件の容疑者が、同じ時刻に浅草で事件を起こした。2つの事件をつなぐものは何なのか? 手がかりを求め、捜査一課・平井真琴(は波留美の過去を調べる。

スポンサードリンク

大まかな見どころ

・2つの事件をつなぐものは何なのか?
・家政婦・西崎波留美()の過去とは?
・田園調布事件の犯人は誰?

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
西崎波留美
屋敷家の通いの家政婦・偽名「石田夏子」
臼井直人
セニョール法律事務所の弁護士・屋敷ゴールデン物産の顧問弁護士
多田野民夫
フリーライター、遺体で発見される
屋敷和歌子
屋敷の若い後妻
千葉群真
警視庁捜査一課1係の刑事
屋敷博史
屋敷ゴールデン物産社長、遺体で発見される
西崎省三
波留美の夫・西崎省三工業の元社長・故人
百合子
警視庁科学捜査研究所研究員
警視庁隅田川警察署の門番

作品データ

年月日 放送局・番組 視聴率
2016年05月26日(水) 20:00 ~ 20:54 テレビ朝日 09.0%
2017年04月07日(金) 15:00 ~ 15:55 テレビ朝日・再放送

スタッフ

脚本 ,
監督

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
大岩純一 (おおいわ じゅんいち)
警視庁捜査一課長。警視正。等身大のヒーロー、理想の上司。
平井真琴 (ひらい まこと)
警視庁捜査一課・現場資料班主任。洞察力と直感力に優れた女性刑事。大福が好きなところから、あだ名が大福。
小山田大介 (おやまだ だいすけ)
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。真琴と共に、大岩の右腕となって捜査を進めていく。
天笠一馬 (あまがさ かずま)
大岩が乗る公用車の運転手の若手刑事。
武藤広樹 (むとう ひろき)
警視庁・鑑識課主任。
笹川健志 (ささがわ たけし)
警視庁刑事部長、大岩の上司。責任を部下に背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。
大岩小春 (おおいわ こはる)
大岩の妻。娘の死を乗り越え、多忙を極める夫をいつも笑顔で支える。

参考サイト

・http://www.tv-asahi.co.jp/ikkacho/story/07/
・https://ja.wikipedia.org/wiki/警視庁・捜査一課長

スポンサードリンク