「警視庁・捜査一課長2」の第9話の放送データまとめです。

警視庁・捜査一課長2 第9話(最終回) あらすじ&ネタバレ 中田喜子&マギー ゲスト出演

第9話について

被害者はキラキラ女子!!

容疑者は偽装キラキラ女子!?事件のカギは、被害者が握りしめた“梅こんぶ”!?

あらすじ

東京・巣鴨の公園で若い女性の絞◎死体が見つかり、知らせを受けた捜査一課長・は現場に急行する。

被害者は一流商社勤務の清田暁美でファッションにも一切手抜きがなく、高い女子力を持つキラキラ女子のようだった。

だが、なぜか右手に梅こんぶを握りしめており、平井真琴は、キラキラ女子が梅こんぶを所持していたことに違和感を抱く。また、凶器のスカーフはバブル時代に流行した古いデザインで、おそらく犯人のものではないかと思われた。

調べると、暁美は副社長の丸山雄介と1カ月後に結婚を控えていたことがわかる。さらに、2カ月前からストーカー被害に遭っていたことも発覚した。

被害者・暁美に何者かがなりすましてブログを開設していたことを運転担当刑事・刑部公平が突き止める。

しかも、◎害現場に行くことがブログで事件前日に予告されていた。誰が偽ブログを書いているのか?

やがて、捜査線上に倉庫会社勤務の村瀬香織が浮上する。さらに香織は、手作りの梅こんぶを同僚に配っている。

大まかな見どころ

・犯人は誰か?
・刑部公平の結婚は?
・衝撃のラストへ

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
村瀬香織 倉庫会社勤務の女性、梅こんぶを作っている
丸山雄介 一流商社の副社長、清田暁美のフィアンセ
倉庫会社勤務の男性社員
清田暁美 一流商社勤務の女性、キラキラ女子、被害者

ネタバレ

倉庫会社勤務の男性社員(が犯人でした。会社のお金を横領しようとしたことが、女性社員・百合にバレたのがきっかけ。

数か月前に、百合は行方不明になっていた。

百合と横領について話をしているところを、百合と同期で仲の悪い清田暁美に見られていた。

暁美は、横領の事実を黙っているかわりに百合を◎害依頼する。ある日、百合は上司である村瀬香織に怒られ、その日は早退をした。チャンスとばかりに、男は明美に電話する。男は百合を◎害し、明美と交流、明美は男が映る写真をブログ更新してアリバイを作った。じつは、暁美は最初から男を恐喝するつもりであった。◎されてもしかたない悪女ですね。

この男は、香織にパソコンでブログの作り方を教えていた。百合を心配した香織は、仲が悪かった暁美を疑い、暁美の偽ブログを男に習い始めた。

ある日、香織は偽ブログで、暁美が「巣鴨の公園」行く予定と公開した。そことは違う公園に、暁美を電話で呼び出していた。男は、ブログで公開した巣鴨の公園に暁美を呼び出し◎害した。

副社長・丸山雄介のアリバイは偽装であったが、秘書と浮気をしていただけ。事件には関係なかった。

遺体現場での1シーンで、刑部公平(が田中圭)が、大学時代に30歳年上の彼女がいたことを明かす。これには驚き!こんな人が将来の一課長に・・・。

登場人物 キャスト
犯人、百合と暁美を◎害
村瀬香織 暁美の偽ブログを作っていた、百合が心配であった、厳しい上司であるが、実は皆から信頼されていた
丸山雄介 偽装アリバイは秘書と単なる不倫
清田暁美 男の百合◎害を依頼、最後は男を恐喝、そして◎害される、悪女ですね
百合 村瀬香織を信頼していた、横領を許せなかった、数か月前に男に◎害され行方不明になる
丸山雄介の女秘書、丸山と不倫

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年6月15日(木) 20:00 ~ 20:54 テレビ朝日 ***

スタッフ

脚本 吉田真侑子
監督 池澤辰也

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
(おおいわ じゅんいち)
警視庁捜査一課長。警視正。等身大のヒーロー、理想の上司。
平井真琴 (ひらい まこと)
警視庁捜査一課・現場資料班主任。洞察力と直感力に優れた女性刑事。大福が好きなので、大岩から「ダイフク」というあだ名で呼ばれる。
小山田大介 (おやまだ だいすけ)
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。真琴と共に、大岩の右腕となって捜査を進めていく。
刑部公平 (ぎょうぶ こうへい)
初登場 大岩一課長が乗り込む公用車の運転担当の若手刑事。大岩の側近として、一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。大岩から「ケイブ」というあだ名で呼ばれる。
天笠一馬 (あまがさ かずま)
警視庁捜査一課刑事 ← 大岩が乗る公用車の運転手。
遊軍刑事として現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。
武藤広樹 (むとう ひろき)
警視庁・鑑識課主任。
笹川健志 (ささがわ たけし)
警視庁刑事部長、大岩の上司。責任を部下に背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。
大岩小春 (おおいわ こはる)
大岩の妻。娘の死を乗り越え、多忙を極める夫をいつも笑顔で支える。
田端力 警視庁捜査一課 管理官
スポンサードリンク