「警視庁・捜査一課長2」の第5話の放送データまとめです。
警視庁・捜査一課長2 第5話あらすじ&ネタバレ 音無美紀子&岡まゆみゲスト出演

第5話について

妻たちの殺人同窓会 偽シロガネーゼの秘密

東京タワーは見た!偽セレブ殺人!?娘を探して上京した母が辿った、空白の10時間。東京~青森~夕張を結ぶ、殺意の謎とは…

あらすじ

高級住宅地・港区白金でオシャレな姿の中年女性の死体が発見され、捜査一課長・は、運転担当刑事・刑部公平と共に現場に駆けつけた。

 被害者は近隣に住むセレブな主婦かと思われたが、平井真琴は彼女のファッションと装飾品が微妙に合っていないことを指摘する。また、現場付近から、被害者のものと思われる手作りポーチが見つかり、真琴は服装とはあまりにミスマッチな所持品にさらなる疑問を抱く。

 まもなく、被害者は青森県在住の主婦・菊池恵子と判明する。恵子は都内に住む劇団女優の娘・美帆に会うため一昨日上京したが、再会してすぐ、口論になって別れたという。

恵子は娘との再会時には、ジーンズ姿だったようだが、なぜオシャレな服に着替えたのか!? 美帆によると、恵子は初恋の相手が東京でビジネスを成功させていると話していたらしい。

恵子の最後の足取りから事件発生までの空白の10時間に一体何があり、なぜ服を着替えたのか?

やがて東京~青森~夕張を繋げる事件へと発展する。

大まかな見どころ

・犯人は誰か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
菊池恵子 青森県在住の主婦、被害者
菊池美帆 恵子の娘、都内に住む劇団女優

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年5月18日(水) 20:00 ~ 20:54 テレビ朝日 12.1%

スタッフ

脚本 田辺満
監督 猪原達三

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
(おおいわ じゅんいち)
警視庁捜査一課長。警視正。等身大のヒーロー、理想の上司。
平井真琴 (ひらい まこと)
警視庁捜査一課・現場資料班主任。洞察力と直感力に優れた女性刑事。大福が好きなので、大岩から「ダイフク」というあだ名で呼ばれる。
小山田大介 (おやまだ だいすけ)
警視庁捜査一課・庶務担当管理官。真琴と共に、大岩の右腕となって捜査を進めていく。
刑部公平 (ぎょうぶ こうへい)
初登場 大岩一課長が乗り込む公用車の運転担当の若手刑事。大岩の側近として、一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。大岩から「ケイブ」というあだ名で呼ばれる。
天笠一馬 (あまがさ かずま)
警視庁捜査一課刑事 ← 大岩が乗る公用車の運転手。
遊軍刑事として現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。
武藤広樹 (むとう ひろき)
警視庁・鑑識課主任。
笹川健志 (ささがわ たけし)
警視庁刑事部長、大岩の上司。責任を部下に背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。
大岩小春 (おおいわ こはる)
大岩の妻。娘の死を乗り越え、多忙を極める夫をいつも笑顔で支える。
スポンサードリンク