「緊急取調室2」の第9話「父ふたり」の放送データまとめです。
緊急取調室2 第9話(最終回)「父ふたり」あらすじ&ネタバレ 眞島秀和&鶴見辰吾ゲスト出演

第9話「父ふたり」について

あらすじ

第8話「喪服を着た男」からの続き

緊急事案対応取調班(通称・キントリ)の取調官・が、刑事部長・磐城和久をかばって被弾した。

撃ったのは警察官から拳銃を強奪した2人組のひとり・峰岸充彦有希子の亡き夫・(眞島・二役)に瓜二つの男だった。

峰岸はそのまま逃走。有希子の身を案じながらも、キントリの面々は拳銃強奪事件および連続狙撃事件を早期解決するため、すべての発端だと思われる5年前の事件を再捜査しようと立ち上がる。

その事件とは、峰岸の息子が被疑者として逮捕されたストーカー放火◎人事件。

そのとき妻子の命を奪われたのが、ほかならぬ今回の事件の共犯者・久保寺圭だったからだ!

加害者の父親と被害者の父親――相容れないはずの2人が共謀しているということは、5年前の事件は冤罪の可能性がある。キントリの面々はそうにらむが、磐城は頑として再捜査の許可を出さない。

それでも諦められないキントリは、勾留中の久保寺を取り調べる過程で、5年前の事件に切り込もうと計画する。幸い命に別状はなく、現場復帰した有希子は自ら志願し、久保寺の取り調べを担当。だが、久保寺は相変わらず黙秘を貫き続ける。

やがて、峰岸が捕まる。磐城からメンバーの再編成を言い渡されているキントリは、これが最後の事件と肝に銘じ、一丸となって峰岸の取り調べに挑む!!

大まかな見どころ

・ラストシーンは?
・5年前の事件は再捜査されるのか?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
峰岸充彦 逃亡中の犯人、5年前のストーカー放火◎人事件の加害者の父、真壁の亡くなった夫にそっくり
久保寺圭 現行犯逮捕の犯人、現行犯逮捕の犯人、5年前のストーカー放火◎人事件の被害者の父
滝沢史子 弁護士、奪われた銃で撃たれた(第8話)
神木進次郎 当時、久保寺家の家庭教師をしていた男、峰岸の息子・健太の証言をした(第8話)
池田肇 夜間警備していた警察官、第9話には出演なし、第8話で拳銃を奪われる

ネタバレ

最終ターゲットは、当時、久保寺家の家庭教師をしていた神木進次郎)だとつかむ。もつなべコンビは神木を警護し、警察で保護する。

峰岸充彦は逮捕される。キントリが峰岸を取り調べで語る。峰岸は、神木が真犯人と言う。峰岸の息子・健太の手袋を盗み、灯油容器の上に置いたのを見た目撃者もいた。

小石川春夫が、弁護士・滝沢史子から真実を聞き出す。そして、神木は任意で取り調べとなる。

再捜査をしないと言っていた刑事部部長・磐城和久の口から、再捜査を行う!と。

緊急取調室の解散はなく、神木の取り調べをしようとするところでドラマ完結となる。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年6月15日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 ****

スタッフ

演出 常廣丈太(テレビ朝日)
脚本
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー 都築歩(テレビ朝日),松野千鶴子(アズバーズ),神馬由季(アズバーズ)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト

キャリア不合格組の警部補、特殊犯捜査(SIT)第3係長の主任に就任、犯人と交渉に失敗し、取り調べ専門チームである捜査第一課緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に配属となる。
梶山勝利
捜査第一課緊急事案対応取調班を統括する管理官。ノンキャリ。
渡辺鉄次
30歳、警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
監物大二郎
41歳、警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。
菱本進
56歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
中田善次郎
57歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。「ホトケの善さん」とにかく温和で人情味あふれる善人。
小石川春夫
55歳、視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。
磐城和久
警視庁刑事部部長。
沢渡巌
警視庁・捜査一課長
かやの
23歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。
しんじ
28歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。
真壁匡
享年38歳、有希子の亡き夫。(写真で出演)
スポンサードリンク