「緊急取調室2」の第2話「」の放送データまとめです。
緊急取調室2 第2話あらすじ&ネタバレ 福士誠治&和音美桜ゲスト出演

キントリに緊急事態発生!!医師が入院患者を殺した容疑で逮捕される!!そして、武装した警察官が取調室に籠城!!一体、何が目的なのか…?

第2話について

予告動画

あらすじ

深夜の大学病院で、人工呼吸器につながれた入院患者・高木直明の容態が急変する。当直医の糸山恵太が処置に当たる。

ところが、家族を呼びに行った看護師・桜井加代が病室に戻ると、人工呼吸器を外されて絶命した高木に、なぜか糸山が靴下を履かせていた。

 糸山は高木を◎害した容疑で逮捕されるが、一貫して容疑を否認する。

加代が病室を離れてから、高木の人工呼吸器が外されるまで、わずか9分間――目撃者が誰もいない、この“空白の9分”に何があったのか?

真相を究明すべく、糸山の取り調べはら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に託される。

 まもなく、警視庁留置管理課の警察官・宮沢俊哉に警護された糸山が、特別取調室に姿を現す。

ところが第一回聴取を終えた直後、未曾有の緊急事態が起こる。拳銃を手にした宮沢が糸山を特別取調室に引き込み、籠城したのだ!!

「甘いんですよ、あなたたちは。私が代わって取り調べます」――そう宣言したかと思うと、宮沢は糸山の取り調べを開始する。有希子はこの不測の事態を一刻も早く解決すべく、宮沢の真の目的を探り始める。

大まかな見どころ

・犯人は宮沢なのか?
・宮沢の真の目的とは何か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
糸山恵太 高木の当直医
宮沢俊哉 警視庁留置管理課の警察官
桜井加代 看護師
高木直明 人工呼吸器につながれた入院患者

ネタバレ

糸井と宮沢の2人一緒に取り調べとなり、そこで自白する。

人工呼吸器の電源を切ったのは、やはり糸山であった。15年前に亡くなった父と同じ心境であった入院患者・高木の要望であった。

宮沢は、糸井の父親が事故死したときに、たずさわった警察官であった。糸井の母に頼まれ、糸井の父が保険金で工場の借金、息子の進学費用にあてるために自◎をしたことを隠ぺいしていた。

しかし、宮沢はギャンブルで多額の借金を作り、糸井の母にゆすってしまった。悪徳警官となってしまった。

糸井が犯した罪は、自分に責任があると責任を感じた。糸井を◎し、自分も死のうと考え、そのチャンスを得るために、糸山の警護に志願したのだ。でも、根は真面目な警察官である。自白した後、糸井に謝罪して取調室を去る。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2017年4月27日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 ***

スタッフ

演出 常廣丈太(テレビ朝日),
脚本 井上由美子
ゼネラルプロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト

キャリア不合格組の警部補、特殊犯捜査(SIT)第3係長の主任に就任、犯人と交渉に失敗し、取り調べ専門チームである捜査第一課緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に配属となる。
梶山勝利
捜査第一課緊急事案対応取調班を統括する管理官。ノンキャリ。
渡辺鉄次
30歳、警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
監物大二郎
41歳、警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。
相馬一成
52歳、警視庁・刑事部捜査一課の課長。ノンキャリ。
郷原政直
54歳、警視庁・刑事部の部長、緊急事案対応取調班の設立者。ノンキャリアだが、その人格と才覚で刑事部長にまで上り詰めた。
菱本進
56歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
中田善次郎
57歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。「ホトケの善さん」とにかく温和で人情味あふれる善人。
小石川春夫
55歳、視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。
かやの
23歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。
しんじ
28歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。
真壁奈央
有希子の娘。
真壁則行
有希子の息子。
真壁匡
享年38歳、有希子の亡き夫。
磐城和久
警視庁刑事部部長。
スポンサードリンク