「緊急取調室」の第9話「マル裸の女」の放送データまとめです。
緊急取調室 第9話(最終回)「マル裸の女」あらすじ&ネタバレ 森永竜矢&堀部圭亮ゲスト出演

最終対決!!“夫殺しの犯人”を丸裸にします

第9話「マル裸の女」について

あらすじ

8年前、真壁有希子夫・はなぜ命を落とさねばならなかったのか? その真相を紐解く手がかりは、元警察官のラーメン店店長・嘉納肇に託された、元ジャーナリスト・真田正巳の取材手帳にあった。

だが、やっとのことで入手した手帳の記述には謎も多かった。中でも有希子が引っ掛かったのは、暗号めいた数字の羅列だった。だが、嘉納殺しの重要参考人として追われ、今や管理官・梶山勝利から取り調べを受ける身となった有希子は、思うように身動きが取れない。

そんな中、小石川春夫は有希子に代わって数字の意味を聞き出すため、◎人罪で東京拘置所に収容されている真田のもとへ行く。だが、その帰りに小石川は何者かに銃撃され、意識不明の重体に陥ってしまう。

やがて特別取調室では、取材手帳の記述を武器に、有希子の反撃が始まる!

夫の死にまつわる真相について、有希子は容赦なく梶山に斬り込んでいく。一方、防犯カメラの映像を確認した渡辺鉄次は、嘉納◎しの真犯人と思われる男の姿を見て、顔色を変える。

 そんな中、遂に捜査は大きな展開を見せる。匡の死の真相を掌握する重要人物の存在が浮き彫りになった。

やがて緊急事案対応取調班(=キントリ)のメンバーはその男を特別取調室に召喚。すべてのカギを握る男をマル裸にし、8年ものあいだ闇に葬られていた真実をあぶり出すべく、取り調べに挑んでいく。

大まかな見どころ

・真壁匡()の死の真相は?
・真壁有希子はどうなる?
・嘉納◎しの真犯人と思われる男は誰?
・小石川春夫はどうなる?襲った人物とは誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
堤大介 元警視庁捜査第二課刑事・渡辺の同期
真田正巳 死刑囚・元ジャーナリスト (第8話に登場)
嘉納肇 中華料理仁蘭店主・元刑事 (第8話に登場)

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2014年3月13日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 13.9%
2017年4月19日(水) 15:54~ テレビ朝日・再放送

スタッフ

演出
脚本 井上由美子
ゼネラルプロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
真壁有希子
45歳、キャリア不合格組の警部補、特殊犯捜査(SIT)第3係長の主任に就任、犯人と交渉に失敗し、取り調べ専門チームである捜査第一課緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に配属となる。
梶山勝利
46歳、捜査第一課緊急事案対応取調班を統括する管理官。ノンキャリ。
渡辺鉄次
30歳、警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
監物大二郎
41歳、警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。
相馬一成
52歳、警視庁・刑事部捜査一課の課長。ノンキャリ。
郷原政直
54歳、警視庁・刑事部の部長、緊急事案対応取調班の設立者。ノンキャリアだが、その人格と才覚で刑事部長にまで上り詰めた。
菱本進
56歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
中田善次郎
57歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。「ホトケの善さん」とにかく温和で人情味あふれる善人。
小石川春夫
55歳、視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。
かやの
23歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。
しんじ
28歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。
真壁奈央
16歳、有希子の娘。
真壁則行
7歳、有希子の息子。
真壁匡
享年38歳、有希子の亡き夫。
スポンサードリンク