「緊急取調室」の第4話「挑発する男」の放送データまとめです。
緊急取調室 第4話「挑発する男」あらすじ&ネタバレ 神保悟志&泉谷しげるゲスト出演

“挑発する男”と“忠誠を誓う男”鉄壁のアリバイ

第4話「挑発する男」について

あらすじ

衆議院議員の三木本史郎)が贈収賄疑惑で、警視庁に任意同行された。本来は捜査二課が扱うべき事件だが、刑事部長・郷原)直々の要望で「緊急事案対応取調班(=キントリ)」が取り調べを担当することになる。

さっそく中田)、かつて捜査二課にいた小石川)は三木本の取り調べを開始する。

 ところが、三木本は余計な暴言は吐きまくるものの、肝心の贈収賄疑惑については白を切り通す。だが、そんな三木本を小石川は激しく追及。遂に、献金を受け取ったのは第一秘書・菅沼俊樹)だと供述する。

だが、これが逃げ口上であることは明白である。有希子)らは翌日に菅沼の供述を取った上で、三木本を潰そうと考えるも、証拠隠滅を図られることを危惧する。

ところが釘を刺された三木本は、それほど疑うならば…と自ら進んで留置場に宿泊。一方、菅沼は三木本の事務所から怪しげな紙袋を持ち、自宅へと戻っていく。

その夜、事件は起こった! 

菅沼がパソコンに遺書を残し、青酸カリの入った洋酒の水割りを飲んで自殺を図ったのだ。

遺書には、三木本に迷惑をかけたことを死んで詫びる旨が綴られていた。だが有希子は、まごころを大事にする昔堅気の菅沼が自筆ではなく、パソコンで遺書をしたためたことに疑問を抱く。

一方、梶山管理官)も三木本が口封じのため、何らかの方法で青酸カリを仕込んだ可能性が高いと考える。

 この事件、果たして正真正銘の自◎なのか、それとも三木本による遠隔◎人なのか?

すべてを解明すべく、有希子と菱本)は三木本の妻・)のもとへ聞き込みに訪れる。

一方、小石川と中田は菅沼の事件については伏せた上で、再び三木本の取り調べに挑む。

大まかな見どころ

・犯人は誰?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
三木本史郎 衆議院議員
菅沼俊樹 三木本の公設第一秘書
三木本唯 三木本の妻
横村博史 警視庁刑事部捜査第二課警部補

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2014年2月6日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 11.2%
再放送 2017年4月11日(火) 15:54~ テレビ朝日

スタッフ

演出
脚本 井上由美子
ゼネラルプロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
真壁有希子
45歳、キャリア不合格組の警部補、特殊犯捜査(SIT)第3係長の主任に就任、犯人と交渉に失敗し、取り調べ専門チームである捜査第一課緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に配属となる。
梶山勝利
46歳、捜査第一課緊急事案対応取調班を統括する管理官。ノンキャリ。
渡辺鉄次
30歳、警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
監物大二郎
41歳、警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。
相馬一成
52歳、警視庁・刑事部捜査一課の課長。ノンキャリ。
郷原政直
54歳、警視庁・刑事部の部長、緊急事案対応取調班の設立者。ノンキャリアだが、その人格と才覚で刑事部長にまで上り詰めた。
菱本進
56歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
中田善次郎
57歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。「ホトケの善さん」とにかく温和で人情味あふれる善人。
小石川春夫
55歳、視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。
かやの
23歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。
しんじ
28歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。
真壁奈央
16歳、有希子の娘。
真壁則行
7歳、有希子の息子。
真壁匡
享年38歳、有希子の亡き夫。
スポンサードリンク