「緊急取調室」の第1話「名前のない男」の放送データまとめです。
緊急取調室 第1話「名前のない男」あらすじ&ネタバレ 高嶋政伸&佐藤祐基ゲスト出演

人質1300万人…42時間以内に 丸裸にするのは“名前のない男”

第1話「名前のない男」について

あらすじ

警視庁捜査一課SIT第3係の主任で、優れた交渉術を誇る真壁有希子()は、バスジャック立てこもり事件で犯人の説得を試みる。

ところが、不測の事態が発生して失敗。有希子は全責任を負わされる形で、異動を命じられる。その異動先とは…昔から反りの合わない管理官・梶山勝利)が統括する緊急事案対応取調班、通称「キントリ」。特に重要と認定された案件の取り調べを行うため、優秀な取調官を集めた専門チームだった!

 梶山を筆頭に菱本進)、中田善次郎)、小石川春夫)ら、クセモノ揃いの「キントリ」で、有希子は新たな一歩を踏み出すことになる。

そんな折、革手袋をした男が小学生の少女に声を掛け、クッキー缶を都内の交番に差し入れるよう依頼。その缶が交番内で爆発し、警察官一人が死亡する事件が発生する。

まもなく、捜査一課の刑事・渡辺鉄次)と監物大二郎)が匿名の主から得た情報と、小学生の証言などから、革手袋の男が冤罪事件ばかり請け負う有名弁護士・藤代保だと判明する。だが、藤代は容疑を完全否認し、「キントリ」の取り調べにも一向に屈しない。

 そんな中、真犯人を名乗る男()が出頭してきた! ところが、男は頑として身元を明かさず、不遜な態度で「出頭したのはあなた方に僕を思い出して頂きたいからだ」と話す。

しかも、男は無数の都民の命を奪うべく、ある場所に特殊な爆弾を仕掛け、42時間後に爆発するよう設定したというではないか! 男から指名され、有希子はさっそく取り調べを開始することに。だが、男は相当な切れ者で、どんな有希子の追及も巧みにかわしていく。

タイムリミットはわずか42時間と迫る!

スポンサードリンク

大まかな見どころ

・有希子と「キントリ」の面々は、男の正体と目的を暴き、都民の命を守ることができるのか?

登場人物(ゲスト出演者)

登場人物 キャスト
寺尾光一 冤罪被害者
藤代保 弦巻交番爆破事件重要参考人・弁護士
佐々木 バス人質立てこもり犯
篠田孝光 弦巻交番爆破事件被害者・巡査
田上利一 弦巻交番爆破事件被害者・巡査部長
竹内理絵 弦巻交番爆破事件関係者
竹内 理絵の母

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2014年1月9日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 12.5%
再放送 2017年4月15日14:15~~ テレビ朝日

スタッフ

演出 常廣丈太
脚本
ゼネラルプロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日)

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
真壁有希子
45歳、キャリア不合格組の警部補、特殊犯捜査(SIT)第3係長の主任に就任、犯人と交渉に失敗し、取り調べ専門チームである捜査第一課緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に配属となる。
梶山勝利
46歳、捜査第一課緊急事案対応取調班を統括する管理官。ノンキャリ。
渡辺鉄次
30歳、警視庁・刑事部捜査一課、殺人捜査第一係の刑事。係長・監物大二郎とコンビ、「もつなべコンビ」と呼ばれる。
監物大二郎
41歳、警視庁・刑事部捜査第一課の殺人捜査第一係長。
相馬一成
52歳、警視庁・刑事部捜査一課の課長。ノンキャリ。
郷原政直
54歳、警視庁・刑事部の部長、緊急事案対応取調班の設立者。ノンキャリアだが、その人格と才覚で刑事部長にまで上り詰めた。
菱本進
56歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。刑事人生の大半がマル暴一筋。
中田善次郎
57歳、警視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。「ホトケの善さん」とにかく温和で人情味あふれる善人。
小石川春夫
55歳、視庁・刑事部捜査一課の緊急事案対応取調班の刑事。犯人にはソフトに対応するが、徹底した洞察力を発揮して追い込む。
かやの
23歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主。
しんじ
28歳、キントリのメンバーが常連の居酒屋『しんじ』の店主、かやのの夫。
真壁奈央
16歳、有希子の娘。
真壁則行
7歳、有希子の息子。
真壁匡
享年38歳、有希子の亡き夫。
スポンサードリンク