「相棒14」の第20話「ラストケース」の放送データまとめです。

相棒14第20話(最終回)「ラストケース」高岡早紀&小野寺昭ゲスト出演

第20話(最終回)「ラストケース」について

警察訓練生による大量殺戮テ口が発生する! 狙いは日本の中枢を担う政府閣僚!そして右京と冠城に謹慎処分中・・・

あらすじ(概要)

 警察嫌いの目撃者・青木年男(浅利陽介 相棒15から警視庁生活安全部サイバーセキュリティ本部専門捜査官 になるとは、この時点ではだれもしない)が捜査を混乱させた事件(第15話「警察嫌い」)があった。

この事件で。が裁判所の令状執行を阻止する捜査妨害を行っていたことが上層部の耳に入いる。

は冠城と共に責任を問われる。さしあたり謹慎処分が下されるが、右京は懲戒の対象に、亘は法務省に戻され地方転勤を命じられる公算が濃厚となっていた。

そんな中、警視庁の警察学校で未曾有の事態が起こる。実弾射撃訓練を受けていた訓練生の一人・伴野甚一が、突然、教官・枝野を射◎した。

その場にいた数名の訓練生も相次いで撃ち◎し、拳銃を持ったまま現場を立ち去った。隣の警察大学校で教官養成の研修を受けていた米沢守がいち早く異変に気づき、すぐさま都内全域に緊急配備が敷かれる。

伴野と同じ訓練生で唯一の生存者となった金井塚によると、伴野は、「テ〇には屈しない」「断固戦う」と事あるごとに口にする閣僚たちを試すため、彼らを標的にするという犯行声明を語っていたらしい。

伴野の狙いが判明した直後、文部科学大臣が射◎される事件が発生する。総理大臣・玄間寿郎副総理・玉手平蔵をはじめとする閣僚たちは緊急会合を開き、戦う姿勢を見せようと話し合うが、農林水産大臣の菊本嘉之は持病を理由に辞職し、敵前逃亡する。政府も一枚岩ではないという弱さを露呈させる。

一方、冠城亘が公安調査庁にいたころに知り合った同庁の調査官・鴨志田慎子から思わぬ提案がなされる。

慎子は、伴野と以前アメリカで知り合い、今も浅からぬ関係にあって、彼と直接連絡を取る手段があるという。自分を囮(おとり)に伴野をおびき出してはどうかというのだ。

その案は右京の機転もあって捜査本部に採用され、慎子は伴野とコンタクトを取ることに成功。大規模な包囲網が敷かれる。

大まかな見どころ

・伴野は、鴨志田慎子との待ち合わせ場所に姿を現すのか?
・伴野の本当の目的は?
・女性公安調査官・鴨志田慎子の驚くべき秘密が!?
・杉下右京は最終話どうなる?
・冠城亘は、特命係を去るのか?それとも、警視庁に転属か!?

スポンサードリンク

ゲスト出演者

登場人物 キャスト
鴨志田慎子 公安調査官
玉手平蔵 副総理大臣
玄間寿郎 内閣総理大臣
金井塚一 警視庁警察学校の訓練生、唯一の生存者
伴野甚一 警視庁警察学校の訓練生、事件の加害者
宮家純惠 公安調査官
白石耕太 ネットジャーナリスト
斉藤瑠偉子 警視庁捜査一課の刑事
枝野 警察学校射撃訓練の教官
荒又興三 文部科学大臣
倉科 警視庁警察学校学生
菊本嘉之 農林水産大臣、テロ被害者遺族の会「希」顧問

ネタバレ

総理大臣・玄間寿郎が亡くなることで、国民が団結して、テ〇や世界に対して強い日本を作ることが出来る。それを目的に、玉手副総理(菊本元農林水産大臣(、閣僚たち、公安の鴨志田慎子警察学校の訓練生の伴野金井が計画した事件であった。最終的には、総理大臣までには届かなかった。

冠城亘は、以前、鴨志田慎子と同棲していた。
鴨志田は、アメリカでCIAの研修中にバーで伴野と出会い、恋に落ちた。

・冠城亘は、警視庁に天下ることになった。この後、警察学校へ通うことになるようだ。相棒15の新シリーズでは、学校卒業して、特命係に配属となるのだろうか? → なった
・米沢守は、警察学校の教官になる。冠城の教官となるようだ。最終的には、警視庁に戻るのだろうか?新シリーズはどうなるのか不明。刑事として杉下右京の相棒になる展開も想像される。 → 相棒15では米沢守()は降板となった。1回だけゲスト出演した。

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2016年3月16日(水) 20:00 ~ 22:09 テレビ朝日 15.8%
2017年6月17日(土) 12:55 ~ 14:55 テレビ朝日・再放送

スタッフ

脚本 輿水泰弘
監督 和泉聖治

登場人物(レギュラー出演者)

登場人物 キャスト
 UKYO SUGISHITA
警視庁・
 WATARU KABURAGI
法務省キャリア官僚・警視庁警務部付に出向中
月本幸子 SACHIKO TSUKIMOTO
花の里のニ代目女将
米沢守 MAMORU YONEZAWA
鑑識課・巡査部長、右京の信奉者
伊丹憲一 KENICHI ITAMI
捜査一課 刑事・巡査部長
芹沢慶二 KEIJI SERIZAWA
捜査一課 刑事・巡査、伊丹刑事の直属の後輩、子分的存在
角田六郎 ROKURO KAKUTA
組織犯罪対策五課 課長・警視
大河内春樹 HARUKI OKOCHI
警務部 首席監察官・警視正、ラムネ好き
内村完爾 KANJI UCHIMURA
刑事部長・警視長、「特命係に捜査権はない!」
中園照生 TERUO NAKAZONO
刑事部参事官・警視正、内村刑事部長の腰巾着的存在。
甲斐峯秋 MINEAKI KAI
警察庁長官官房付、カイト君(甲斐享)の父
日下部彌彦 YAHIKO KUSAKABE
法務事務次官、冠城亘の元上司


スポンサードリンク