人類学者・岬久美子の殺人鑑定3』の作品データまとめです。

人類学者・岬久美子の殺人鑑定3 あらすじ&ネタバレ 伊藤かずえ&床嶋佳子ゲスト出演

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2013年03月02日に放送されました。2017年5月9日(火) にテレビ朝日・再放送で再放送されます。


『人類学者・岬久美子の殺人鑑定3』について

あらすじ

人骨を専門に研究している人類学者で大学准教授の岬久美子は、警視庁現場資料班の加治川から、奇妙な頭蓋骨の鑑定を依頼される。

それは、顔半分と後頭部が緑色に染まった緑色の骨だった。何者かに刺◎された女性・足立苑子が使用していたコインロッカーから、5000万円の札束と共に発見されたのだ。

 鑑定に取りかかった久美子は、この不思議な緑の着色は、遺体が置かれていた場所にあった何らかの色素が骨に付着したものと分析。また、頭蓋骨や歯の状態から、死後10年ほど経過した30代半ばの男性と鑑定する。だが、スーパーインポーズ法を使って男性の失踪人データと照合してみても、該当者は見つからなかった。

 その頃、苑子が遺した5000万円の線から◎人事件を追っていた捜査一課の高村管理官(は、ある手掛かりをもとに、久美子の教え子である徳田楓江成文香に聞き込みを行う。すると突然、楓が過呼吸の発作を起こして倒れてしまった。

 久美子からの連絡を受け、楓の母・恵津子その友人・宮内正美が病院に駆けつけてくる。

だが、遅れてやって来た文香の母・由紀乃と顔を合わせたとたん、3人の間に複雑な空気が流れた。

高校時代からの親友だという恵津子、由紀乃、正美だが、現在の彼女たちの間には何らかの深刻な問題が横たわっているように、久美子には見えた。

 そんな久美子に、文香が衝撃の事実を打ち明ける。なんと10年前に、資産家の娘である文香と間違われ、楓が誘拐されていたのだ。ホテルチェーン創業者一族の娘で文香の母の由紀乃が、その婿養子で社長の江成勇が立て替えた身代金5000万円を犯人側に渡したことで、楓は解放された。だが5000万円を奪って逃げた誘拐犯は、いまだに逮捕されていないという。

 高村管理官は、足立苑子が隠していた5000万円が10年前の身代金の紙幣ナンバーと一致したため、苑子と緑の頭蓋骨の男が10年前の誘拐事件の共犯だと推理し、骨の身元の特定を急ぐよう久美子に指示する。

そこで久美子が頭蓋骨を使った復顔作業に挑むと、そこから意外な人物の顔が浮かび上がった。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?
・復顔作業後、浮かび上がった意外な人物の顔とは?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

江成由紀乃 帝都ホテルチェーンの創業者一族の娘。恵津子、正美とは高校時代からの親友。
宮内正美 結婚サービス業経営者。恵津子、由紀乃とは高校時代からの親友。
徳田楓 久美子の教え子で、徳田家の娘。10年前、江成文香と間違えられて誘拐され、事件の記憶が離れずに苦悩する。
幼少期:
江成文香 久美子の教え子で、江成家の娘。楓とは親友同士。
幼少期:
江成勇 江成由紀乃の夫で、婿養子の帝都ホテル社長。徳田楓の誘拐の際、身代金を立替払いする。
菅原昭博 正美の知人で、ミュージシャンという名のフリーター。10年前に徳田楓を誘拐した実行犯。
徳田孝行 恵津子の夫で、楓の父。職業はタクシー運転手。
足立苑子 冒頭の殺人被害者。かつて帝都ホテルのバーでピアニストをしていたが、江成勇が社長に就任した後にリストラされている。
石上勝也 鎌倉のバーのオーナー
小西良子 平山泰正が生前よく通っていたブックカフェの店員。
平山泰正 江成家の先代の元お抱え運転手。リストラでの解雇後に孤独死し、白骨遺体で発見される。
徳田恵津子 エターナルブーケの作家。由紀乃、正美とは高校の林間学校をきっかけに親友となった。

ネタバレ

足立苑子(◎害犯人は、江成由紀乃(であった。苑子に、遺体を隠していた場所へ花束を置いたところを目撃され、過去をばらすと脅されたためである。

・緑色の頭蓋骨を復顔した結果、ミュージシャンの菅原昭博(であった。彼は由紀乃の元カレであり、江成文香の実父であった。このことは父である江成勇(も文香も知らなかった。

・江成は、1年前に突然現れた菅原に過去暴露すると脅されて◎害したのであった。

その事件直後に訪れた元運転手の平山泰正(により、遺体を山へ隠した。平山はリストラされたが、恨んではいなく、江成の娘・文香と徳田楓を可愛がっていました。2人が車に傷をつけてしまい、そのお詫びに押し花のしおりを貰った。しかし、リストラされてしまい、彼女たちと会うことができなくなった。そのお礼ができなくなり、偶然事故に出くわし、そのお礼をこのような形でしたのである。

・悪いのはミュージシャンの菅原である。奴が脅迫しなければ事件は起きなかったと思われる。また、由紀乃の結婚は、親が決めた相手であり、結婚後、婿養子となった江成勇は、妻以外にも女がいた。勇も悪い男である。

・由紀乃と恵津子の親友の宮内正美(も死亡する。由紀乃と言い争い、その後、足を踏み外し、由紀乃は助けようとしたが、一緒に転落。正美は事故死してしまう。

作品データ

タイトル 人類学者・岬久美子の殺人鑑定3
シリーズ 3
サブタイトル 光る肋骨と緑色の頭蓋骨の謎!消えた5000万円と3人のママ友…後頭部を触れば犯人が分かる!?
放送時間 (126分)

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2013年03月02日 21:00 ~ 23:06 テレビ朝日・ 10.2%
2017年5月9日(火) 14:04 ~ 15:55 テレビ朝日・再放送

スタッフ

プロデューサー 関 拓也(テレビ朝日),目黒正之(東映)
脚本 真部千晶
監督 藤岡浩二郎
制作 テレビ朝日,東映

「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」について

テレビ朝日・土曜ワイド劇場で2010年から放送されている大塚寧々さん主演のテレビドラマシリーズです。

城徳大学准教授・岬久美子は、人骨を専門に研究している人類学者である。人類学者の夫・(藤岡太郎)は、中国へ単身赴任して北京原人の発掘調査活動を続けている。大学からの研究費だけでは足らない夫の活動費をを補填するため、妻の久美子は、警察からの捜査協力を受けて遺骨の鑑定を行っている。第3作で、城徳大学の柔道部顧問に就任している。

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
岬久美子
城徳大学准教授、人骨を専門に研究している人類学者
加治川法雄
警視庁捜査一課・現場資料班刑事
守屋直樹 現場資料班刑事、加治川の後輩
岬真琴 岬と久美子の娘
遠藤亜由美 久美子の助手 朝倉えりか
葉山梨香 久美子の助手 和季明日香
生田晃 警視庁捜査一課の刑事
高村新平 警視庁捜査一課の管理官(第3作、4作)


スポンサードリンク