ドラマ「刑事7人1」の第5話「母と息子」の作品データまとめです。

刑事7人1 第5話あらすじ&ネタバレ 中丸雄一&黒田福美ゲスト出演


第5話「母と息子」について

あらすじ

宇宙産業で第一線を行く「太平重工」の研究者・前田尚紀の遺体が、草の生い茂る公園の中で見つかった。

法医学教授・堂本俊太郎が司法解剖を行った結果、尚紀は夜10時ころ、四つん這いになっていたところへ首を絞められ、その後ナイフで刺されたことが判明する。

ら警視庁捜査一課12係の刑事たちは、そもそも尚紀がなぜそのような体勢を取っていたのか状況がつかめず、首を捻る。

不可解なことはそれだけではなかった。彼の手の甲には謎のマークのスタンプが押されており、携帯電話には事件翌日の夜10時にアラームが設定されていた。

さらに、携帯の健康アプリから割り出した歩行記録によれば、尚紀は駅から事件現場までわずか4分で歩ける距離を、わざわざ15分以上もかけて歩き続けていたのだ。

疑問を抱いた天樹は、防犯カメラで足取りを確認する。尚紀がコンビニでナイフを購入し、人目を避けるように公園へ向かっていた事実をつかむ。

一方、「太平重工」で聞き込み捜査を行った沙村康介水田環は、尚紀が女性社員にセクハラ行為を働いたため、翌週から子会社へ出向することになっていたという情報を入手する。さらに、尚紀は◎された日、午後3時に会社を早退していたことも分かる。その動向に、天樹は、ますます疑念を深める。

そんな中、尚紀が一人暮らしをしていた部屋を訪れた天樹は、友人の西岡民代に手伝ってもらいながら、洋裁店を営む尚紀の母・前田和美と遭遇する。

尚紀と和美の間には確執があり、絶縁状態だったことを知る。その時だ。天樹は20年前の家族写真と一緒に、大切に保管されているナットに目を留める。しかも、そのナットこそが母子の仲を引き裂いた原因だと聞かされる。

尚紀はなぜ母との確執を生んだ因縁の品を大切に持ち続けていたのか!? そして、事件翌日の夜10時に何をしようとしていたのか?

緻密な捜査を進める中、やがて天樹は衝撃の真相にたどり着く。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?
・衝撃の真相とは何か?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
前田尚紀 前田と和美の息子・大平重工研究員 中丸雄一幼少期:
前田和美 かなで洋裁店店主
西岡民代 和美の友人・かなで洋裁店店員
大沼和樹 大平重工所長・尚紀の上司
羽田美樹 大平重工社員
富樫 青葉金属工業所社長・前田金工の元職人
石川剛 大平重工社員
中村 大平重工社員
前田伸雄 前田金工の元社長・故人

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2015年8月12日(水) 21:00 ~ 21:54 テレビ朝日 9.4%
2017年6月07日(水) 14:598~ テレビ朝日・再放送

スタッフ

脚本 大石哲也
監督 新村良二
プロデューサー 山田兼司(テレビ朝日),和佐野健一(東映)

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
 46歳
警視庁遺失物センターから警視庁捜査一課12係に配属となった新任刑事。
沙村康介 49歳
警視庁捜査一課12係の刑事、正義感が強く情熱的な男。
髙嶋政宏
山下巧 42歳
、警視庁捜査一課12係の刑事。
永沢圭太 38歳
警視庁捜査一課12係の刑事、天樹のバディ、元銀行マン、空気を読める男。
水田環 28歳
警視庁捜査一課12係、帰国子女。
片桐正敏 55歳
警視庁捜査一課12係の係長、天樹を10年ぶりに捜査一課へ呼び戻した男。
堂本俊太郎 65歳
法医学者、東都大学医学部の法医学教室教授。


スポンサードリンク