ドラマ「刑事7人1」の第1話「最後の時効…刑事ドラマの新しい挑戦が今始まる!!」の作品データまとめです。

刑事7人1 第1話あらすじ&ネタバレ 前田吟&朝加真由美ゲスト出演


第1話「最後の時効…刑事ドラマの新しい挑戦が今始まる!!」について

あらすじ

マリーナでクルーザーが爆発する事件が発生し、元大蔵大臣の息子・江尻孝之の遺体が見つかった。沙村康介(嶋政宏)ら「警視庁捜査一課12係」の面々はその一報を受け、現場へと駆り出される。

と、そこへ見慣れない男が現れた。爆発が起こったのはまさに日の出を迎えようとする時刻。クルーザーは太陽の方向へとまっすぐ進んでいたにもかかわらず、現場にサングラスがないのは不思議だ、と主張するその男。彼こそは、捜査能力は高いが性格に少々難あり…という個性派刑事がそろう12係に着任したばかりの刑事であった。

法医学教授・堂本俊太郎が司法解剖を行った結果、江尻は爆発事件の前夜に絞◎されていたことが判明する。

そんな中、江尻の部屋を訪れた天樹はどういうわけか、そこで見つけた宅配便の不在票に引っ掛かる。そこから巡り巡って、事件をひも解くための重要な事実が見えてくる。

捜査が新展開を迎えた矢先、刑事部長の命令で12係はなぜか、この事件から手を引かされ、連続放火事件と女性従業員失踪事件を捜査することになる。連続放火事件を追うことになった天樹は、被害に遭った法務大臣・高田浩一郎の家で運転手をしている安倍俊也、自転車を燃やされた工場作業員・金子正信から話を聞く。

一方、沙村とともに失踪事件を追う水田環は、なぜか偽名を使って働いていた失踪女性の正体が安藤紗季という人物だと突き止める。

その矢先のことだ。小学校に爆破予告の電話が入り、そこに通う法務大臣の娘・高田真奈美が誘拐された。

捜査の結果、当初は無関係だと思われていた「クルーザー爆破◎人事件」と「連続放火事件」「女性従業員失踪事件」「爆破予告事件」の中にあるつながりを見出す天樹と12係の面々であった。

そんな中、事件は誰もが予想しなかった、とんでもない方向へと発展する。

一連の事件のタイムラインは、20年前に起きた誘拐◎人事件から続いているのではないか? 天樹は、そう直感し事件を洗い直す。やがて彼はすべての事件の引き金となったやるせない想いにたどり着く。

注目と見どころ

・犯人は誰なのか?
・やるせない想いとは?

スポンサードリンク

登場人物(ゲスト出演)

登場人物 キャスト
金子正信 「土神建設」作業員
安藤紗季 「東活撮影所」清掃員
高田浩一郎 法務大臣・元警視庁副総監
岡本正義 警視庁刑事部長
安倍俊也 高田の秘書
中嶋健介 彩香の夫
江尻孝之 修一の息子
19歳:
内田涼子 グラビアアイドル
橋本 世田谷東警察署の刑事
安藤聡子 紗季の娘・故人
有村依子 歯科医師
土屋富雄
浅田一也 涼子の元彼
高田真奈美 高田の孫娘・英仙女子小学校の児童
宅配便の配達員
中嶋彩香 フリーライター
江尻修一 元大蔵大臣・故人

放送歴

年月日 放送局・番組 視聴率
2015年7月15日(水) 21:00 ~ 22:44 テレビ朝日 11.8%
2017年6月03日(土) 12:00~ テレビ朝日・再放送

スタッフ

脚本 猪崎宣昭
監督 猪崎宣昭
プロデューサー 山田兼司(テレビ朝日),和佐野健一(東映)

登場人物(レギュラー出演)

登場人物 キャスト
 46歳
警視庁遺失物センターから警視庁捜査一課12係に配属となった新任刑事。
沙村康介 49歳
警視庁捜査一課12係の刑事、正義感が強く情熱的な男。
髙嶋政宏
山下巧 42歳
、警視庁捜査一課12係の刑事。
永沢圭太 38歳
警視庁捜査一課12係の刑事、天樹のバディ、元銀行マン、空気を読める男。
水田環 28歳
警視庁捜査一課12係、帰国子女。
片桐正敏 55歳
警視庁捜査一課12係の係長、天樹を10年ぶりに捜査一課へ呼び戻した男。
堂本俊太郎 65歳
法医学者、東都大学医学部の法医学教室教授。


スポンサードリンク